女っていうのは、本当に面倒臭い。

ここで「女だから」などと言い出すのは、世の流れに反するのかもしれないけれど、ここまで己の情緒をコントロール下におけず、こうも己の情緒にコントロールされ続けると、良い加減「女のせい」にしたくもなる。

昨日はあんなに幸せだったのに、今日は不幸のどん底。あーあ、やってらんない。

人生100年もあれば、いろんなことがあるよね。良いこともあれば悪いこともある。私は2011年の震災で家が流れた時も家族が避難生活を送った時も「生きてりゃどうにかなる」「生きてるだけで万々歳」って思っていたはずなんだが。おい私?

五体満足で、家族や友達がいて、仕事にも恵まれて。こんなことこれ以上ない幸せなのに。なのに、どうして人間っていうのはこうも、こんなにも欲張りになってしまうんだろう。

特に厄介なのが、自分の嫌なところやダメなところをこれでもかと自覚してしまう瞬間。こうなってしまうと私はもう、浮上するまでにすごく時間がかかってしまうのだ。

そんな中でも最近、感情の起伏とはまた別のところで、私の方をじっと見つめている私がいることに気がついた。

そいつは途方にくれて布団の中で曰う私のそばにヌボーっと現れて、じっとこちらを見ている。そして耳元で「大丈夫」と言う。

「大丈夫、明日はちゃんと幸せだから」と。

おいおいマジかよ……今こんなにもつらいのに? こんなにも絶望の淵に立たされてるのに? こんなにも不幸の真ん中にいるのに?

うーんでもそうか。確かにそれは言えてる。

私の女性ホルモン、若い頃から割とヤンチャで。

ちょっとした地方の暴走族に所属してるみたいだから、今ちょっと暴走してるだけかもしんない。

そんな風に考えたら、どん底の不幸ちゃんも、ちょっとだけ浮上してるような気がしてくる。

やり過ごす。やり過ごす。

明日は幸せでありますように!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です